カテゴリー
episode091-100 Script

script 【episode098】

皆さんこんにちは、友です。これは日本語を勉強している人のためのPodcastです。教科書の日本語は面白くない。でもドラマや映画は難しすぎる!そんな人のために日本語教師の友がちょうどいい日本語で話をします。

さて、今日は、えー、初めてやることですが、小説の紹介をしたいと思います。俺のpodcastを最初から聞いてくれてる人は分かると思うんですけど、俺は普段は漫画は読むけど小説は読まないんです。実用書も読むけど、でも小説は読まないです。でも、全然読まないわけじゃなくて、年に2,3冊くらいは読むんですよ。0じゃないんです。まあ少ない時は一年に一冊も読まない時も、もちろんあるんですけど。でもすごく面白いものとかがあれば、あの、全く読まないわけじゃないです。別に小説が嫌いなわけじゃないんで。本を読むこと自体は好きなんでね。んで、最近久しぶりに小説を読んだんですよ。なんで読んだかって言うと、あの、きっかけは漫画だったんですけどね。漫画が、なんか面白そうな漫画があって、それを読んだら、まあ面白かったんですよ。ただ、その漫画が途中で終わってて、最後まで読むことができなかったんです。途中で終わってたっていうのが、あの、連載途中で、まだ続きが発表されてなかったんですよ。ただその漫画のジャンルがミステリーだったんで、あの、ミステリーって、推理ものです。人が殺されて、そしてその犯人が誰なのかっていうのを考える、そういうジャンルの本だったから、途中で終わっちゃったのがすごい嫌で、最後まで読みたくて、で、それで、あの、その漫画の原作は小説だったから、じゃあもう小説の方で最後まで読もうと思って、それで小説を読みました。

まあ面白かったです。さっきも言ったけど、俺も小説が嫌いなわけじゃないから、問題なく楽しめました。じゃあその小説は何だったのかというと、タイトルは「屍人壮(しじんそう)の殺人」です。あの、人が殺される、殺人事件が起きる小説っていうのは、そんなに珍しくないと思うんですけど、この屍人荘の殺人っていうのは他とちょっと違うんです。何が違うかって言うと、ゾンビ。ゾンビが出てきます。ゾンビは多分どこの国でも、あの、映画とか小説とか、そういうもので絶対に出たことがあると思うんですよ。例えばアメリカの映画だと、映画じゃないか、ドラマか。ドラマだとウォーキングデッドっていうすごく有名なゾンビが出てくるドラマがありますよね。で、この小説はゾンビが出てくるんですけど、ゾンビが出てきて、そしてそのゾンビから逃げてたら、あの、逃げてる途中に殺人事件が起きるっていう、そういう話なんです。逃げてる途中っていうか、ゾンビから逃げて、そして建物の中に入って、その建物の外に出られなくなって、それで、あの、建物の中にいたらその中で殺人事件が起きたっていう感じですね。だから外に出るとゾンビに襲われるし、建物の中にいてもその建物の中には人を殺した犯人がいるっていう、そういう逃げ場がない、本当どうしようもない恐ろしい状況ですね。

んで、この小説の面白かったところは何かって言うと、最初の方は犯人が人間なのかゾンビなのかわからないんですよ。確かに人が死んでしまったので、まあ殺されてしまったので、それは人間がやったのかなとも思うんですけど、でも人間にはできないような殺され方。絶対にこれはゾンビがやっただろうっていうような殺され方をしてるんです。でも建物の中にいるし、あの、ゾンビは中に入れないようにしてるんだから、だからゾンビのはずがない。でも殺され方を見ると人間のやり方では絶対ない。じゃあ誰がやったんだっていう、そういう普通の他のミステリー小説とは違う状況ですね。だから俺も今までミステリー物っていうのは結構色々読んだことはあるんですけど、この小説は本当に全然違う世界観で、この後どうなるのかっていうのが全然予想がつかなかったから、それですごい面白かったなって思います。

まあ、このね、小説、ミステリーものなので、最後にどうなるのかっていうのは絶対ここでは言えないんですけど、もし皆さんもね、この最後にどうなるのか、犯人は本当にゾンビだったのか、それとも人間がやったのか、それとも人間でもゾンビでもない何か別のものなのかっていうのが知りたかったら、ぜひ自分で読んでみてください。

この小説、久しぶりに小説読んだんですけど、結構面白くて、久しぶりにミステリーものを読んだらちょっと他にもミステリー読みたくなってきて、実は今、えーとね、この小説の後に一冊読んで、今その後別のもう1冊を読み始めました。まあこれもね、すごい有名な小説なので、古いんですけど、でもすっごく有名なミステリー小説なので、読み終わってから、あの、これも是非みんなに読んでほしいと思ったら、またこのPodcastで紹介するので、小説が好きな人はしばらくお待ちください。

ちなみに、その、もう一冊、あの、今読んでる本の前に読み終わったやつっていうのは、面白かったんだけど、でも俺の好みではなかったかな。面白かったけど俺のそんなに好きな終わり方じゃなかったので、おすすめは俺はしないかな。ただ、えー、皆さんがね、どんな話なのかちょっと聞いてみたいっていうリクエストでもあったら少しまたPodcastで紹介したいと思います。タイトルだけ言うと神様ゲームっていう小説です。これも、えーっと、ミステリーっていうか推理ものですね。

はい、じゃあ、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。その屍人荘の殺人はね、あの、面白かったので、ミステリーが好きな人はぜひ読んでみてください。ただ日本語は難しいので、あのー、頑張って読んで下さい。あ、あと、この屍人荘の殺人って、もう一つその続きっていうか、シリーズの小説があるので、そっちも時間があったら読みたいと思うので、それも読み終わったらまたここで紹介したいと思います。それじゃあ今日はこの辺で。さようなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です